SSブログ

外国に住んでみる。日本に問題があった時は海外に避難出来るように [トレンドニュース]

1.jpg

地球は大きい!世界は広い!だからなにも、日本だけで一生を終える必要は無い!
この地球に生まれて、地球を知らずして死ぬなんて、
なんて勿体無いことをしているんだろうか。
外に出るからこそ日本のことがより深く知ることが出来て、
日本に閉じこもっていたことがバカバカしく思える人もいれば、
より日本が好きになる人がいる。
そもそも、外に出たことがマイナスの経験になったという人なんてほんの一部。
ということは、誰しも一度は外に、外国に行ってみるべき!ということになる。

そして、外国に行くことがある程度当たり前になってくると、
自分の活動半径や活動拠点がより大きくなる。
つまり、日本に拘る必要がなくなるということ。
ということは、住む場所をある程度自由に選べるようになるということ。

日本から出て外国に住むことが可能になると、
多くのメリットを得られるということ。
最大のメリットは、金銭的なメリット。
日本では苦しい貧しい生活を強いられる金額で、
ある程度裕福に、毎日の生活に困らない日々を送ることが
出来る国があるということ。
そんなランキングをしているネットニュースの記事があった。

 ●生活費が激安で済む5つの国
 http://gigazine.net/news/20130809-5-cheap-countries-to-live/

1位の中国なんて、生活費が、ニューヨークの1/3~1/4ということ。
ニューヨークが日本と大差無いと考えるならば、
例えば年金生活の場合で考える。
国民年金を満額(8万円ちょっと)貰えるとした場合、
中国で生活をすると、32万円貰っているのと同様になるということ。
日本で月に32万円の収入があるということは、
サラリーマンの平均所得なみということ。
これで、生活に困ることがあるだろうか?
中国でなくても、インドネシア、マレーシア、ベトナム、タイ・・・と、
同じような金銭的余裕を持って生活を送ることが出来る。

確かに、最大の障害である「言葉の問題」はある。
にしても、英語さえある程度身につけてしまえば、大抵の国ではどうにかなる。
地方や田舎は別としても、都市部であれば、
共用語は英語になるところが少なくないため。
また、海外移住を考える時点で、多少の英語は喋ることが出来るはずで、
ある程度ベースがあるとすると、そこからレベルアップすることは難しくない。

移住といっても、一生海外に住まなければならないということではない。
試しに外国に行ってみる。数ヶ月住んでみるという事が出来るということ。
日本の政治や経済に重大な問題が起きたり、
原発が爆発して日本に住めなくなった時に、
逃げる場所があるということ。そういう準備が出来るということ。

「日本」
という小さな括りで考えないで、なんでも、
「世界(地球)」
という大きな括りで考え、行動出来るようになると、
人生が何倍も豊かなものになるだろう。
そういう生き方を、あなたは望まない?私は望む。大いに望む。
だからこそ、その実現のために動いている。

※反対に、生活するのに多額の資金が必要な世界の都市ランキングもあった。
 ●暮らしていくのにお金がかかる都市トップ10
 http://gigazine.net/news/20110711_most_expensive_cities/



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます